アルバイトのカメラマン

アルバイトのカメラマンの仕事

意外に思うかもしれませんが、アルバイトとしてのカメラマンの求人は比較的よく見られます。

ただし、ひとくちにカメラマンのアルバイトといっても、活躍の場によって仕事内容は異なりますし、経験や実力によってもどれほど責任ある仕事を任されるかは変わってきます。

よくアルバイトのカメラマンが働いているのは、フォトスタジオやデザイン系の制作会社、広告代理店などです。

そのほか、結婚式場やテーマパークでもアルバイトのカメラマンが活躍しています。

アルバイトの場合、カメラマンの撮影アシスタント業務をすることが多いようです。

機材の準備や搬入、片付けのほか、ライトや三脚などのセッティング、備品の買い出し、撮影した写真の編集などに携わることもあります。

ある程度、経験を積んでいけば、実際にカメラを触って撮影する機会も得られるでしょう。

アルバイトのカメラマンになるには

アルバイトのカメラマンの募集は、フォトスタジオや写真館、広告代理店、制作プロダクション、テーマパークなどで多く出されています。

また、フリーランスのカメラマンのアシスタントになる場合、アルバイト扱いで働けることもあります。

アルバイトの場合は「未経験者可」としているところが多いようですが、まれにライティングの技術や画像加工のための編集ソフトが使えることなどが応募条件となる場合もあります。

アルバイトから独立する人も

カメラマンは、技術やセンスで勝負する仕事です。

カメラマンとしデビューするために、学校で撮影スキルを磨くこともひとつの方法ですが、アルバイトであってもとにかく現場に出て、現場で失敗を繰り返しながらさまざまなことを覚えていくのもよいでしょう。

アルバイトのアシスタントとして何年も経験を積みながら人脈を作り、そのままフリーランスのカメラマンになるような人もいます。

あるいは、高度なスキルや実績を身につければ、正社員のカメラマンとして就職できる可能性も高まります。