カフェオーナーのやりがい、魅力

自分の理想とする店づくりができる

カフェオーナーの一番のやりがいは、「自分の店を持てる」まさにそのことだといえるでしょう。

ゼロの状態から店舗のコンセプトや内装などの雰囲気、メニューにいたるまで、すべて自分で決めることができるのは、大きなやりがいにつながります。

まさに一国一城の主として、理想とする店づくりができることは、カフェオーナーにとっての最大の魅力といえます。

自分の店は、まさに自分そのもの。

そこにお客さまが集って楽しそうにしてくれていたり、「おいしかった」と声をかけてもらったりしたときには、深い感動と喜びが味わえます。

元気でいる限り続けられる

カフェオーナーは、会社勤めのように定年がある仕事ではありません。

したがって、健康である限り働き続けていくことができます。

生涯に渡って理想のカフェを追い求めていくことができますし、こじんまりとした個人店でやっていくこともできれば、店を繁盛させて多店舗展開するといったように、個々の考え方に応じてさまざまな経営の仕方が考えられます。

もちろん、楽しいことばかりではありません。会社勤めで毎月決まった給料がもらえるのとは異なり、自分で経営していくというのは何の保証もなく、どうしても波がつきものです。

あまりうまくいかない時には先のことを考えると不安になったり、精神的に負担がかかりやすい仕事であることは間違いありません。

それでも、自分で考えて、道を切り開いていくことにやりがいを見出している人が大勢います。

カフェオーナーとして長く働き続けるためには、身体だけでなく精神的にも元気でいることが大切だといえます。

人脈が広がる

カフェオーナーのもうひとつのやりがいは、カフェ経営を通じてさまざまな人と出会えることだといえます。

店にもよりますが、若い人から年配の人まで幅広い層のお客さまが来る店であれば、そうした人たちとの触れ合いも楽しいものです。

常連さんと親しくなり、そこからさらにコミュニティが広がることもあるでしょう。

そのほか、店舗運営に関連する各種業者との付き合いもありますし、経営者同士の集いで人脈が広がるといったこともあるでしょう。

自分の意思や行動次第で、人間関係が無限に広がっていくのもカフェオーナーの魅力です。