カフェオーナーの仕事内容

カフェのコンセプトを考え、経営する

カフェオーナーは、カフェの経営者として働く人のことをいいます。

新しいカフェを出すことになれば、まずは「どのような店にしたいのか」というコンセプトを決定し、予算計画に基づいて出店場所や物件を決め、外装やインテリアを検討し、メニューを考えていきます。

オーナーが「兼店長」という形をとり、自分一人で店を運営している人もたくさんいます。しかし、オーナーは店舗には立たずに、自分以外の店長やスタッフを雇って、その人たちにサービスを提供してもらうというケースもあります。

その場合には、オーナーは責任をもって採用活動や教育を行い、他人が店舗運営に関わる場合でも店がきちんと回るようにします。

店がオープンしてからは、経営状態や店の評判などを追い続け、必要に応じて軌道修正しながら店が繁盛していくように努めます。

お金のやりくりは最重要

多くのカフェオーナーにとって最も頭を悩ませることになるのは、お金の問題でしょう。

店を長く経営していくためには、ただ自分が好きな通りに好きなメニューを出すだけではなく、そこからきちんと利益を生み出すことを考えなくてはなりません。

そのためには、たくさんの人に来てもらえる魅力的な店づくりをすることはもちろん、原価率を考えたメニュー設定、売上管理、仕入れ管理、帳簿付けなどをきちんと行う必要があります。

そして、一度来店されたお客さまにリピートになってもらうための工夫や、インターネットやチラシなどを使った宣伝にも力を入れていくことが重要となります。

カフェオーナーは経営について学び、店をどう継続させていくか、数字の面からもしっかりと考えていくことが不可欠です。

カフェオーナーの仕事の魅力

カフェオーナーになる人は、長いこと「自分の店を持ちたい」という夢を持ち、満を持してそれを実現したという人がほとんどです。

誰かが立ち上げた店で働くとなれば、少なからずその店のルールに従う必要があります。しかし、自分が本当に理想とする店づくりをすることができるのは、カフェオーナーならではの魅力です。

自分の店にお客さまが来てくれること自体が喜びとなり、深い感動が味わえるでしょう。

しかし、経営は考えているほど甘いものではなく、軌道に乗るまではお客さまが全然来なかったり、予期せぬトラブルに見舞われることもあるはずです。

そんな時でも、店の責任者であるオーナーは冷静に問題の原因を突き詰め、どうすべきか判断を下していかなくてはなりません。

とくに他の人を雇うのであればその人たちの生活もかかってくるため、強い責任感や精神力も求められるといえるでしょう。