カフェオーナーへの転職

カフェの開業希望者は多数

今、日本でも昔ながらの喫茶店ではない「カフェ」がすっかり身近なものとなり、どの街にも個性あふれる個人店のカフェがたくさん見られるようになりました。

こうした長く続いているカフェブーム、そしてアメリカから上陸している新しいタイプのコーヒー専門店が話題を集めていることなどから、自分でもカフェを出したいと考える人が急増しているようです。

しかし、カフェオーナーへの転職というのは、一般的な会社員が同業界あるいは別の業界の企業へ転職するというのとは異なる苦労や大変さがあり、簡単に成功できるとも限りません。

とくにカフェは飲食業のなかでも客単価が低く、利益を生み出しにくい業態といわれており、せっかく店を出しても数年後には店を閉めてしまう人が多くいるようです。

カフェはレストランに比べて手軽に店を出しやすいと考えられがちで、憧れの気持ちだけで開業する人もいるようですが、オーナーへの転職を考える際にはしっかりとした計画と、リスクをとる覚悟が必要です。

異業種からフランチャイズのオーナーへ

先に述べた通り、カフェ経営のノウハウがない個人がいきなりカフェを出して成功するというのは、非常に大変なことです。

しかし、成功する可能性を少しでも高めたいのであれば、フランチャイズを利用する方法が挙げられます。

フランチャイズは、フランチャイズに加盟するオーナーが、「本部」といわれる会社などから店の商号やサービスなどを使う権利をもらう仕組みであり、それなりのブランド力や経営ノウハウを確保されたうえで開業することができます。

実際、異業種からの参入、あるいは個人がカフェオーナーになる場合には、フランチャイズに加盟する人もたくさんおり、これによって成功している人もいます。

もちろんフランチャイズにもデメリットといえる点はありますが、個人で一から開業することによほどの自信がない限り、こうした方法でオーナーになることを検討してみてもよいでしょう。