カフェオーナーの現状と将来性

カフェの競争は激化している

「いつか自分のカフェを開業したい」と憧れを抱いている人はたくさんいますが、今、飲食店のなかでもカフェは競争がますます激化しているようです。

1杯わずか100円程度で飲めるコンビニコーヒーが登場しており、大手のコーヒーチェーンもどんどんサービスや味を向上させています。

また、長く続いているカフェブームから個人店を新規に出店する人も増えており、都市部を中心にカフェはひしめき合っている状況だといえます。

そのようななか、個人でカフェを出して成功するのは決して簡単なことではありません。「何となくやってみたい」という気持ちだけで開業するのは危険であり、マーケティングをして綿密な計画を練り、立地や規模、コンセプトなどをしっかりと考えていく必要があるといえるでしょう。

経営のスキルを向上させることも大事

個人店のオーナーになりたいという場合には、どうしても「コーヒーの味にこだわりたい」「おいしいと言っていただけるメニューを提供したい」といったことに目がいがちなようです。

しかし、オーナーはあくまでも経営者。経営ノウハウをきちんと身につけ、それを実行していくだけの力がなくては、店を長く続けていくことは難しいでしょう。もちろん数字を見る力も重要です。

「これが正解」というやり方はありませんが、技術面だけではなく、経営者としての力をアップさせていくことを忘れずにいる必要があるといえます。

お客さまに求められるものを敏感に察知する

カフェオーナーとして成功するための道のりは険しいものとなりますが、居心地よく、おいしい料理やドリンクが飲めるカフェを求めている人は大勢います。

それを示すように、今でも大手チェーンや個人店問わず、行列が絶えないカフェはたくさんあります。

魅力的な場を作ることができれば、確実にお客さまを集めることはできるでしょう。

成功するために、オーナーは努力を欠かさず、お客さまの反応を見ながら店をブラッシュアップさせていくことが必要だといえます。