カフェオーナーに向いている人、適性

夢と目標をきちんと設定できる人

カフェオーナーを目指す人には、たいてい「こんな雰囲気の店がつくりたい」という理想があるはずです。

そうした「夢」といえるものを持つことは、働くモチベーションを保つうえでとても大事です。

しかし、ただ憧れのようなふんわりとしたイメージだけでは、厳しい競争の中で店を経営していくのは不可能に近いです。

きちんと現実を見て、夢を叶えるためにはどうすればいいのか、具体的な目標に落とし込まなくてはなりません。

日々の資金繰りや収支シミュレーションなど、お金について考えなくてはならないこともたくさんあります。

経営者であるカフェオーナーは、ただ好きなことをやりたいという気持ちだけではなく、ゴールを見据え、目の前のやるべきことを一つひとつこなしていく姿勢が不可欠です。

根気よく物事を続けられる人

経営をしていると、うまくいく時もあれば、うまくいかない時も当然出てくるものです。

日によってはまったくお客さまが来ない日があるかもしれませんし、とくに店が軌道に乗るまでは、月の売上も年間を通じて波が出るのはよくあることです。

また、経営をしていれば、つねに外部の評判を気にするようにもなるでしょう。

そうしたことに一喜一憂しそうになるかもしれませんが、少しくらいうまくいかない時があったとしても簡単にあきらめず、成功するために努力する気持ちが必要です。

オーナーにはよく判断力や行動力が求められるといわれますが、同時に「根気の良さ」というのも重要な要素だといえるでしょう。

「お金儲け」以外に大事にしたいことがある

カフェオーナーになりたいと考える人のなかには、経営を成功させてお金持ちになりたいと思う人もいるかもしれません。

しかし、カフェ経営で稼げる人はほんの一握りであり、意気揚々と開業したにも関わらず、短期間で店を閉める結果となっているケースは多々見られます。

もしオーナーとして人を雇うことになれば、その人たちの生活もかかってくるなど大きな責任を追うことにもなるため、もしお金儲けを一番に考えるのであれば、他の職業を目指したほうがよほど楽で、効率が良いともいえるでしょう。

それでも自分のカフェが出したい。もしそう考えるのであれば、そこにはお金には代えられない何かしらの熱い想いがあるはずです。

そうした心の声を大事にしながら、自分が目指すものに向かって突き進んでいけるような人が、カフェオーナーに向いているといえるでしょう。