女性のカフェオーナー

カフェオーナーを目指す女性も多い

今、街を歩けば男女問わず大勢の人でにぎわっているカフェがたくさんありますが、とくに女性はカフェが大好きという人も少なくありません。

そんな女性のなかには、「いつか自分のカフェを出したい」と夢見て、オーナーになることを本気で考えている人もいるようです。

カフェは飲食業のなかでも比較的参入しやすい業態とされており、実際に新規で開業する人は毎年、後を絶ちません。

しかし、それで成功できる人はほんの一握りです。オーナーの仕事はハードな側面もあり、ただオシャレなカフェをつくることに憧れているだけでは、すぐに厳しい現実を目の当たりにすることになるでしょう。

成功している人は?

オーナーになるのであれば、当然、経営ができなければなりません。

開業にあたっては店のコンセプトを考え、開業計画や資金について計算し、しっかりと戦略を練っていく必要があります。

女性は「数字が苦手」という人も多くいるかもしれませんが、いざ店を出せば売上や利益のことをつねに意識しなくてはなりませんし、女性だからといって仕事が楽になるわけでもありません。

何よりも、雇われて働くのとは異なり、失敗してもすべてが自己責任。リスクを自分でとっていかなくてはなりません。

厳しく思えるかもしれませんが、こうしたことをよく理解してカフェオーナーになる道を選択した女性のなかには、立派に店を繁盛させている人もたくさんいます。

とくに女性ならではのきめ細やかなサービスや、オリジナリティあふれるインテリア、居心地いい空間などが評判となると、メディアに取り上げられたリ口コミで評判が広がったりして、一気に人気店になるケースもあるようです。

カフェを成功させるには、やはり女性客をどれだけ取り込めるかということが重要な要素になるといわれています。

男性でも女性でも、経営に必要な要素というのは基本的に変わりませんが、店づくりにおいては、良い意味で「女性らしさ」を前面に出していけると、それは大きな強みとなるでしょう。