フランチャイズのカフェオーナーとは

フランチャイズとは何か

コンビニや、飲食業界でよく聞かれる「フランチャイズ(FC)」という言葉。この仕組みについて紹介していきましょう。

フランチャイズとは、フランチャイズに加盟する人(オーナー)が、フランチャイズ本部から看板や商号、サービスなどを使う権利をもらい、その対価としてオーナーはフランチャイズ本部にお金を支払うといったビジネスモデルのことをいいます。

カフェを開業する際には、もちろん個人がまったく何もない状態ですべてを計画していくこともできます。

ですが、フランチャイズで店を出せば、それなりのブランド力や集客の仕組み、経営ノウハウを確保されたうえで開業することができるため、とくに未経験者がオーナーになりたいという場合はフランチャイズを検討する人も多いようです。

フランチャイズで開業するメリット・デメリット

フランチャイズで開業することには、メリットとデメリットがあります。

メリット

<ノウハウがある>
フランチャイズは、ある店舗が多店舗展開している形になるため、すでに店舗経営の流れやノウハウができあがっていることが多いです。

フランチャイズのオーナーはそれに即した形で経営していくため、自分がノウハウや経験をあまり持っていなかったとしても失敗するリスクが低くなります。

<ブランドや知名度がある>
フランチャイズで店を出すのあれば、店名や看板、ロゴなども本部のものを利用することができます。

知名度があるフランチャイズであれば、ゼロから個人が店を出すよりも世間の信用を得やすいでしょう。

<経営サポートが受けられる>
フランチャイズでは、手間がかかる広告宣伝を本部がやってくれたり、さまざまな経営サポートを手がけてくれたりといったこともあります。

デメリット

<お金がかかる>
フランチャイズで店舗を出す場合には、本部へ対価となる「ロイヤリティ」を支払わなくてはなりません。これは「月々いくら」という固定の場合もあれば、「お店の売上の何%」という取り組めになっている場合もあります。

場合によっては、個人で経営するよりもお金がかかるでしょう。

<独自性が打ち出しにくい>
フランチャイズはチェーンとなるため、メニューや価格などを自分の裁量で勝手に決めるわけにはいきません。

ルールの下に経営していくことになるため、どうしても自分の独自性は打ち出しにくくなるでしょう。

<他の店舗の影響を受けることも>
たとえ自分の経営する店舗がうまくいってたとしても、他の系列店で大きなトラブルなどがあった場合には、同じ看板を掲げている店として悪影響を及ぼされる可能性があります。

フランチャイズ化を検討する際には、上記のようなことをよく踏まえる必要があります。