CADオペレーターのやりがい、魅力

自分の仕事が形になる

CADオペレーターは、ものづくりに関わる仕事です。

建築、機械、アパレルなど、その分野はさまざまですが、自分が手がけた設計図を基にエンジニアや職人たちが手を動かし、建物や製品が出来上がっていく過程を味わえることは、この仕事の醍醐味といえます。

自分が携わった仕事が形になったのを見たときは、大きな喜びを実感できるはずです。ものづくりが好きな人にとっては、日々やりがいを感じながら働いていけることでしょう。

業界を選べる

CADオペレーターを求める業界は実に幅広いです。建設や自動車など、多くの分野で活躍できるチャンスがあるため、自分の興味関心のある業界を選びやすく、そこで専門的なキャリアを積んでいくことで、収入アップも期待できます。

多くの人に必要とされる仕事に携われることは、それだけでも大きなやりがいを感じられます。基本的にはデスクワークですが、職場によっては直接お客さまと接する機会もあります。

忙しくて疲れる日もあるものの、「お客さまの笑顔を生み出す仕事」と思うと、ますますがんばろうという気持ちになれるでしょう。

プラスアルファの知識でスキルアップも

技術職であるCADオペレーターは、経験を積めば積むほど、スキルアップしてさまざまな仕事に携われるようになります。また、プラスアルファの知識を身に付けることで、活躍の場はさらに広がります。

たとえば、最初は設計士やデザイナーから言われた通りの図面を描いたり、修正したりすることしかできなかったのが、インテリアの勉強をすることで、デザインやレイアウトにまで関われるようになる、といったことが期待できます。

新しい知識や技術が身に付けば、より複雑であったり、大きな仕事を任せてもらえる機会も増えていくでしょう。

「ソフトを駆使して図面を描く」という基本的なことに対するスキルアップはもちろん大事ですが、そこから一歩先のキャリアを目指したい人にとっても、やりがいのある仕事といえるのではないでしょうか。