CADオペレーターの現状と将来性

求められるレベルが上がっている

CADオペレーターは建築や機械メーカー、アパレル会社などさまざまな業種業界で必要とされており、需要も高い職業ですが、ただ単にCADが操作できるだけでは、仕事を見つけたり続けたりするのが難しくなっている面もあります。

その理由の一つとして、CADのソフト自体が年々進化しているため、かつてのように「設計・デザインをする人」と「CADで図面を描く人」の垣根が低くなってきていることが挙げられます。

専門のCADオペレーターを雇わず、設計士がササッとCADを使うといったことが増えているのです。

もう一つは、企業側からすれば、できるだけ人件費を削りたいと考えるのが普通です。ですから、CADオペレーターに対しても、どうせ雇うのであれば少しでも技術の高い人、実務経験を持っている人が採用されやすい傾向となっています。

需要の高まりと共に、CADオペレーターを目指す人が増えている一方で、CADオペレーターに対して求められるレベルは徐々に上がっているといえるでしょう。

大きなキャリアアップも望める

このように、CADオペレーターは決して簡単な仕事ではありません。とはいえ、得た経験や技術はそのまま自分の強みとして活かすことができますし、高いレベルの人材は、どの企業においても重宝されていくでしょう。

自分がレベルアップすればするだけ良い条件の下で働けたり、難しい仕事を任されたりするようになるなど、とてもやりがいのある仕事といえます。

スキルを身に付けつつ、高い志を持ち続けられる人であれば、独立して在宅で働いたり、事務所を構えることも不可能ではありません。

もしCADオペレーターとしてバリバリと活躍したいのであれば、「CADの操作ができることは最低限」と捉えて、自分が働きたい業界の専門知識を身に付けたり、資格取得を目指したりする心意気が必要といえます。