CADオペレーターの種類

CADオペレーターの種類の考え方

CADオペレーターの種類に関しては、大きく分けて2通りの考え方ができるでしょう。

働く業界

一つは、業界による分け方です。たとえば建設会社で建築物の図面作成に携わる人は「建築CADオペレーター」、機械メーカーで製品の図面を作る人は「機械CADオペレーター」といった呼ばれ方をされることがあります。

そのほか、アパレル、通信、自動車、広告デザインなど、さまざまな業界で働くCADオペレーターがいます。

どの業界で働くCADオペレーターも、基本的にCADを操作できるスキルを持っていますが、仕事ではそれに加えて各業界の専門知識が求められることも多いため、別の業界に転職した場合、また新しい知識を覚えていかなければなりません。

使用CADの種類

もう一つは、使用するCADの種類による分け方です。CADのソフトは何種類も存在し、企業や業界によって使われるものが多少異なってきます。

たとえば有名なのは、2次元CADの場合、世界中のあらゆる場で使われることが多い「Auto CAD」やフリーソフトである「Jw_cad」など。

3次元CADの場合は、再び「AutoCAD」のほか、自動車業界や航空機業界でよく使われる「CATIA」、また電気機械業界では「I-deas」などがよく使われます。

他の名称で呼ばれることも

世間では、CADを使って製図を行う人のことを広く「CADオペレーター」と呼んでいますが、まれに「CADトレーサー」や「CAD技術者」という呼ばれ方をすることもあります。

これらには大きな違いがないことが普通ですが、「CADトレーサー」は実務経験が浅いもしくは未経験の人、「CAD技術者」はベテランのCADオペレーターを指す意味で使われるケースもあるようです。

各企業の求人情報にも「CADオペレーター」や「CAD技術者」といった名前が混ざって記載されていることがありますが、呼称に捉われず、企業がどれだけの実務経験を求めているのか、仕事内容はどのようなものかをしっかり確認するとよいでしょう。