CADオペレーターの給料・年収

経験と技術によって給料に差が出やすい

CADオペレーターの給料は、勤務先、経験、雇用形態などによって差が出てきます。特に、専門技術を要する仕事であるだけに、個々の持っている技術によって給料に大きな違いがあるようです。

たとえば、実務経験がほとんどない新人CADオペレーターと、あらゆる図面作りに携わってきたベテランCADオペレーターとでは、仕事をこなすスピードも違えば、会社側が任せられる仕事の内容も変わってきます。

給料に差が出ても不思議ではありません。

CADオペレーターの平均年収は、300万円〜400万円台となっているようですが、経験や技術によっては年収500万円以上を稼ぐ人も、もちろん存在します。

また、派遣社員として働く場合の給料は、基本的に時給制となっています。時給は1,000円から1,800円くらいまでが相場となっているようです。

派遣社員の場合も、経験を積んで複雑な内容の図面も作れるようになると、正社員並みもしくはそれ以上の収入を得る人がいます。

資格手当が支給されることも

CADオペレーターが活躍する企業では、給料のほかに「資格手当」を支給していることもあります。

たとえば「CAD利用技術者」を持っていると、手当として月に5,000円〜10,000円程度が上乗せされるといった形です。建築系の会社では、「建築CAD検定」を手当支給の対象資格していることが多いようです。

さらに、CADの資格取得にかかる費用を会社側が一部負担してくれるケースもあるようです。この仕事では、スキルを磨くことが給料アップにつながりやすいため、自分でどんどん勉強するに越したことはありません。

とはいえ、スクールに通ったり資格試験を受けるにもお金がかかりますので、勤務先を考える際には、資格手当の有無や待遇面について確認しておくとよいかもしれません。