フリーランスのCADオペレーター

CADオペレーターは独立して働ける

建築業界を中心に活躍するCADオペレーターは、建築会社や設計事務所などの企業に勤務する人がいる一方、独立してフリーランスで仕事をする人もいます。

たいていの場合、会社勤めを経てから独立いう流れになりますが、なかには最初からフリーランスで活動している人もいるようです。

この道をたどらなければならないということはないため、どんな人でもフリーランスとして働くことは可能です。

とはいえ、CADオペレーターはCADを扱うためのスキルが必要になるため、やはり専門学校などで専門的な勉強をしたり、実務経験を積んでからフリーランスになるのが一般的といえます。

ワークスタイルは在宅が基本

フリーランスのCADオペレーターの大半は、在宅で仕事をしています。

クライアントから直接仕事を請け負い、案件をこなして納品し、報酬を得るというのが大きな仕事の流れです。

仕事自体はパソコンを使った作業がほとんどですし、クライアントの連絡はメールや電話が中心となるでしょう。

仕事は自分で得なくてはならないため、フリーランスになる以前にある程度の人脈を構築しておくほか、信頼と実績を積み上げておくほうがよいでしょう。

フリーランスは良くも悪くも個人の力量がハッキリと出やすく、それによって仕事で成功できるかどうかも変わってきます。

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスで働く魅力のひとつは、自分のペースで仕事ができることです。

納期さえ守れば、会社に指示されることなく自由な時間に働くことができ、仕事の進め方も基本的に自分の思い通りです。

また、個人の名前で仕事をすることになるため、クライアントから感謝や評価されることで大きな達成感を味わいやすいでしょう。

一方、大変なこともあります。

フリーランスはCADオペレーターとしての実作業のほか、営業や事務、経理、その他の雑務もすべて一人でこなさなくてはなりません。

また、会社が守ってくれるわけではなく、たとえば病気などで仕事ができなくなれば収入もなくなってしまうという不安がつねにつきまといます。

仕事量によって収入が変動しやすく、生活は不安定なものになるかもしれません。

CADオペレーターはフリーランスとしても働きやすい仕事ですが、こうした大変な面も頭に入れたうえで、フリーランスになることを計画したほうがよいでしょう。