文系でもCADオペレーターになれる?

文系のCADオペレーターも多数活躍中

CADオペレーターというと、一見、理系でなくてはできない仕事と思われがちなようです。

しかし、実際に現在CADオペレーターとして働いている人たちの経歴はまちまちで、さまざまな学部や学科・コースの出身者がいます。

文系出身のCADオペレーターも決して少なくはありません。

「CADオペレーターとして働きたい!」という熱意さえあれば、実務に必要な知識や技術は後からいくらでも身につけることができるといえます。

文系からCADオペレーターになるには

簡単にいってしまえば、パソコンにほとんど触ったことがないという人でも、これからCADオペレーターになることは可能です。

文系からCADオペレーターになる方法はいくつか考えられますが、未経験者を採用する企業に就職し、現場で実務経験を積みながらスキルを磨いていくのがひとつの方法です。

あるいは、先にCADについて学べる専門学校やスクールに通い、基礎的な知識や技術を身につけてから就職を目指す方法もあります。

いずれにしても、「文系だから」という理由で採用試験に応募できなかったり、不合格になったりすることはめったにありません。

理系の知識や考え方が必要になることも

先に述べてきた通り、文系でもCADオペレーターになることは十分に可能ですが、理系の専門知識が求められる場合もあります。

基本的には、CADオペレーターは設計士からの指示内容を図面にしていく作業を担当しますが、それをどれだけ正確に形にしていけるかは、個々のCADオペレーターの腕にかかっています。

図面を理解するうえで、複雑な構造設計ではそれに関する専門知識が必要になったり、数学的な知識が多少求められることもあります。

数字や製図などに大きな抵抗意識があると、この仕事をするのは苦痛になるかもしれません。

まずはCADオペレーターとして、どの程度の難易度の仕事がしたいのかを考えることが大切です。

そして、日々スキルアップに励むことで携われる業務の幅が広がっていくでしょう。