客室乗務員の役割

「保安」も重要な仕事 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の仕事は、大きく2つの柱で考えることができます。 まず「サービス」に関わる業務です。飛行機の乗客に対し快適な空の旅を楽しんでもらえるよう、食事や飲み物の提供や … 続きを読む

客室乗務員の魅力

奥が深い仕事 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)という職業には「サービス要員」と「保安要員」としての役割がありますが、具体的な日々の仕事に落とし込んで考えてみると、それはとても一言では語りつくせないほど奥が深いもの … 続きを読む

客室乗務員の1日

国内線搭乗の客室乗務員の場合 国内線に搭乗する日は、一日に3便程度、多いときは4便のフライトが組まれます。フライトとフライトの間もあまり長くないため、客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の1日は目まぐるしく過ぎていき … 続きを読む

客室乗務員の1年目

入社後は訓練からスタート 難関と言われる客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)採用試験を突破しても、すぐにフライトを経験できるわけではありません。 入社後は、まず地上訓練とフライト訓練を受け、客室乗務員に必要な基礎知識 … 続きを読む

客室乗務員の現状と将来性

グローバル化による航空会社同士の提携 グローバル化が進み、海外でビジネスをする人の数はどんどん増えています。海外旅行をする人の数は景気によっても左右されますが、それでも毎日大勢の人が日本と海外の間を出入国しています。 日 … 続きを読む

客室乗務員のやりがい

お客さまのニーズに応えられたとき 飛行機には毎日たくさんのお客さまが搭乗し、その年齢や国籍、飛行機の利用目的も全員異なります。すると、お客さまが求めるサービスも異なるのが当たり前。飛行機にワクワクしている小さな子どもと、 … 続きを読む

客室乗務員の大変なこと、つらいこと

体調管理 客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の仕事は体力勝負であるため、体調管理が必須です。長時間のフライトは、予想以上に体力と精神力を消耗するもの。さらに時差が加われば、誰でも体調を崩しやすくなります。 それでも … 続きを読む

客室乗務員のサービス、接客

同じ価値観の下で働く重要性 大手航空会社のJALには「JALフィロソフィ」なるものがあります。 これは、JALのサービスや商品に携わる全員がもつべき価値観・考え方等を定めた企業哲学で、社員全体で一体感を持ってお客さまに最 … 続きを読む