客室乗務員は和製英語?

正確な英語ではない

現在の日本では、客室乗務員のことを「キャビンアテンダント」と呼ぶのが一般的になってきていますが、これは“和製英語”であり、英語としてはあまり自然なものではありません。

英語では「フライトアテンダント」(Flight Attendant)や「キャビンクルー」(Cabin Crew)と言うのが一般的です。

日本ではかつて、一般的に「スチュワーデス」と言う呼ばれ方をしていたため、いまだにこの呼称のほうが馴染みがあると考える人もいるかもしれません。

しかし、「スチュワーデス」は女性の客室乗務員を表す単語です。時代の変遷とともに男性の客室乗務員(「スチュワード」)も増えてきたため、男女の差別なく使える呼称が使われるようになりました。

現在でもさまざまな呼称が

「アテンダント」には“人のために何かをする仕事”といったニュアンスがあるため、日本では単純に“チームの中の一員”を意味する「クルー」よりも「アテンダント」が好まれることが多いようです。

しかし、JALエクスプレスでは客室乗務員のことをよりカジュアルに「スカイキャスト」と呼ぶなど、航空会社によって呼称はまちまちです。

JALやANAでは「アテンダント」や「キャビンアテンダント」といった呼ばれ方がなされていますが、もし海外の人と英語で話すときには、「フライトアテンダント」や「キャビンクルー」と言うほうがベターです。

国内においては「スチュワーデス」や「スチュワード」も完全に消えたわけではありませんが、人によっては不快な気分になったり少し時代遅れという印象を持たれる場合もあるため、やはり「キャビンアテンダント」、もしくは「フライトアテンダント」と言うのが無難と言えるでしょう。