客室乗務員の身長・年齢制限

身長制限について

国内航空会社の客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)採用試験では、応募資格に「身長○○cm以上」といった項目が明確に設けられていることはほとんどありません。

しかし、客室乗務員に身長制限があるという噂はよく聞かれるところですし、実際に背の低い人はあまり見かけたことがないと感じる人もいるでしょう。

それには明確な理由があります。機内では、手荷物を頭上の収納棚にしまうことになりますが、もし扉がきちんと閉まらないまま離陸してしまえば、手荷物が落下する可能性もあり危険です。

そのため、客室乗務員は離陸前に、一つひとつの扉を手で押して確認します。頭上の収納棚は高いところにあり、身長が低いと手が届かない場合があるため、ある程度の身長が求められるのです。

外資系航空会社では、身長制限について書かれているケースもあります。その場合の数値はまちまちですが、だいたい160cm前後あればOKのようです。

国内の航空会社でも160cm以上あれば安心できますが、150cm代でも必ずしも採用されないというわけではないようです。小型機で運航する航空会社では、身長がほとんど気にされない場合もあります。

年齢制限について

年齢制限に関しては、新卒か既卒か、もしくは会社によっても異なります。近年では、ANAが既卒受験者の年齢制限を撤廃し、話題にのぼりました。新卒の場合は学歴以外に年齢制限を挙げていない場合もありますが、多くの受験者は20代前半だと言われています。

体力を要する仕事であるため、若い人が好まれる傾向にはありますが、特に年齢制限がない場合、本人に魅力や適性があると判断されれば30代でも採用される可能性はあるでしょう。

外資系の場合、アジア系の航空会社では昔から年齢の若い人を求めていると言われています。しかし、欧米系の航空会社では特に年齢を気にせず、30歳を過ぎた人が採用されることも少なくないそうです。