客室乗務員の勤務時間・休日

勤務時間は不規則

たとえばJALの場合、客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の勤務時間は「月間150時間程度(概ね航空機乗務17日、地上業務3日の割合を予定)」と発表されています。土日祝日を含めたシフト勤務となります。

しかし、早朝や夜遅くの搭乗もあり、1日の勤務時間に関してはどうしても不規則になりがちです。規則正しい生活はできないものと考えておいたほうが良いでしょう。

特に国際線勤務の場合には、目的地までの距離によってフライト時間(仕事時間)が異なるうえに時差もあるので、一般企業のように「○時から○時まで」という風には言えません。また長距離フライトの場合には、帰りのフライトに備え、現地で宿泊を伴う勤務となることもあります。

国内線の場合には、1日に2回から3回程度のフライトをこなす場合が多く、繁忙期には4回のフライトになることもあります。華やかな仕事ではありますが、体力が要求されます。

どの航空会社でも、事前に大体向こう1ヵ月間の勤務スケジュールが出され、客室乗務員はそれに沿って仕事をしています。

休日はシフト制

土日祝日を含めたシフト勤務であるため、毎週決まった曜日の休日にはなりません。国際線での長距離フライトを終えた後は、滞在期間に応じて帰国後に連休が入ります。

国内線勤務の場合は、4日働いて2日休むサイクルが一般的です。原則として月に10日程度の休日となっています。勤務先の企業によっては、ある程度まとまった休暇を取得することも可能です。

旅行が好きな人が多い職業であり、そうした休みを利用して海外に旅行に行くといった人も多くいます。

残業はなし!でも…

客室乗務員には、いわゆる「残業」はありません。しかし、もし天候条件により目的地への到着が遅れれば、勤務時間も自然と長引くことになります。

また、毎回フライトの時間内ですべてのサービスを提供し終えなければならないため、仕事中にゆっくりする暇はありません。

特に、年末年始やGWなどの繁忙期には乗客の数が増える分、機内食の提供などにも時間がかかるため、普段以上にチームワークが大切になります。

長距離路線では仮眠

一口に「国際線」と言っても、韓国や中国などアジア方面の路線と、ヨーロッパやアメリカなどの路線では、フライト時間が随分異なります。

このうち、8時間を超えるような長距離路線に乗務する場合は、機内の最後尾にある「仮眠室(クルーバンク)」を使い、交代で休憩がとれるようになっています。