結婚、子育てしながら客室乗務員を続けられる?

産休・育休制度を利用

まだまだ女性が多い客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の世界では、「結婚や出産後に仕事をどうするか?」という話がつきものです。難関を乗り越えて客室乗務員になったのだから、できれば子育てをしながら働き続けたいと考える女性も多いはずです。

日本の各航空会社には、産休や育休の制度があります。育休は3年程度のところが多く、大手だけでなく、地方の会社でもたいていの場合は整っています。

また、「入社後3年間は契約社員」というスタイルが一般的になっていますが、上記の制度は通常、契約社員にも適用されます。ほかにも、育児に関する特別休暇が取得できる会社もあります。

もちろん、復帰後は以前と同じように勤務することが可能です。外資系も含め、航空会社によってこれらの休暇制度は異なるため、希望する先の制度をよく確認しておきましょう。

生活スタイルをよく考えて

近年は女性の社会進出を促すためにも、結婚後や出産後も長く働けるための制度の見直しを行う航空会社が増えてきています。しかし、客室乗務員である以上、職場では既婚者や子育て中だからと言って楽な仕事が与えらるわけではありません。

他の人と同じようにフライトをし、国内線だけを希望するということはできないようです。何日も家を空けることがあるため、その間は自分の両親などに子どもの面倒をみてもらうという人もいます。

別の航空会社に転職をしたとしても、フライト時間や働く場所に変化はあっても、生活スタイルはほぼ変わらないと考えることができます。仕事と子育てを「両立させる」という自分自身の強い意志はもちろん、パートナーの理解や協力も欠かせません。