客室乗務員の1日

国内線搭乗の客室乗務員の場合

国内線に搭乗する日は、一日に3便程度、多いときは4便のフライトが組まれます。フライトとフライトの間もあまり長くないため、客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)の1日は目まぐるしく過ぎていきます。

05:30 起床

07:15 羽田空港へ出社(ショウアップ)
制服を着て出社。出発の1時間半前~2時間前には空港に着きます。

08:00 ブリーフィング
搭乗便の機長や他の客室乗務員と、フライトに関する打ち合わせを行います。機内で搭乗準備を整えて、問題がないと判断すればお客さまをお迎えします。

09:30 出発
離陸後機体が安定し、ベルト着用サインが消えればドリンクサービスの準備です。お客さまの要望にすぐ応えられるよう、フライト中は常に気を配っている必要があります。

10:40 地方空港着
お客さまをお見送りし、忘れ物がないかなどの確認を行います。即座に次のフライトに向けて準備を行います。

11:30 出発

12:35 羽田空港着
次のフライトに向けた準備と昼食をとります。

13:30 出発

15:00 地方空港着
仕事が終わる際の打ち合わせ(デブリーフィング)をして勤務終了です。地方ステイの日は現地ホテルに滞在します。

22:00 就寝
翌日も早朝から同様のスケジュールでフライトがあるため、早めに就寝して体調を整えます。

国際線搭乗の場合

国際線搭乗の際は、路線によって大きくスケジュールが異なります。

早朝出発のこともあれば、夜遅い時間のこともあります。日本時間で深夜から朝方にかけて長時間のフライトが予定されているときは、日中に寝ておくなどの準備が欠かせません。フライト時間が長く、サービスの内容(機内食の回数など)も異なるため、国内線とは違った難しさがあります。

韓国、中国などアジアの近距離フライトの場合は日帰りすることもあります。

空を飛ばない日も

客室乗務員は、勤務日に毎日空を飛んでいるわけではありません。地上勤務で資料づくりやスケジュール調整などをする日もあれば、乗務予定のスタッフが病気などで出勤できなくなった際に備えて待機(「スタンバイ」)をする日もあります。

地上勤務が月に何日あるかは毎月変化しますが、その場合はだいたい朝9時から夕方6時ごろまでの勤務となります。

通勤方法

基本は電車通勤ですが、早朝や深夜など、電車が動いていない時間帯はタクシーが配車され、ほかの客室乗務員と相乗りで通勤します。

ベースの空港から遠い場所に住むと通勤にも困難が生じるため、国内のおもな航空会社では、応募資格の居住条件として「空港からの距離は半径40km以内」や「公共機関を使った通勤時間が90分以内」といった項目を掲げています。

面接時に必ずしも近隣に住んでいる必要はありませんが、内定後にベースの近くに引っ越すことが求められます。