客室乗務員に英語力は必要?

採用試験の受験時に必要な英語力

JALやANAの客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)採用試験では、応募資格のひとつとして「TOEIC600点程度以上の英語力」が挙げられています。TOEIC600点は、英検だと2級程度に相応します。

採用試験では、面接の前に書類審査(エントリーシート)が行われるのが普通です。もしこの程度の英語力がなければ、書類審査を通過するのは非常に難しいと考えられます。

そのほかの国内航空会社でも、国際線を運航しているエアラインの場合にはTOEIC600点が基準となるところが多いです。

外資系の航空会社では、採用条件のひとつとして「英語堪能」という条件がありますが、実際にはTOEIC800点や900点を取得している人が多くいると言われます。英語力だけで採用が決まるわけではありませんが、一定以上の英語力が必要なのは確かです。

また、応募時にスコアを確認されることはありませんが、その後正式な証明書類の提出を求められることもあるため、書類には正しいスコアを記入するようにしましょう。

「話すこと」への対策も

航空会社によっては、採用試験の際に英語面接が実施されることもあります。TOEICなどの勉強だけでは「話すこと」への対策が不十分な場合も多いため、普段からラジオの英会話講座で話す練習をしたり、英会話スクールに通ったりするのも効果的です。

実際に客室乗務員の業務でも、英語に関しては読み書き以上に「聞く力」や「会話する力」が求められるものです。試験を受ける前からできるだけこれらの能力を高めておくことは、面接の際にも強いアピール材料になると言えます。