客室乗務員は男性でもなれる?

男性でも客室乗務員になれる?

客室乗務員(CA、キャビンアテンダント)といえば女性ばかりのイメージ…。男性にはできない職業なのでは?と考えている人もいるかもしれません。しかし、そんなことはまったくありません。応募資格に「女性のみ」と書かれていなければ、男性でも応募することは可能です。

実際に、日本の航空会社でも男性の客室乗務員は働いており、たとえばスカイマークやスターフライヤー、AIR DOなどが挙げられます。重い荷物を持つこともあるので、男性が頼りになる場面はたくさんあります。

JALやANAでも男性の客室乗務員が活躍していますが、まだその数は多いとは言えません。

外資系は男性も多い!

外資系航空会社の客室乗務員は、男性と女性が同じくらいの割合という場合もあるそうです。日本ではまだまだ「女性の仕事」というイメージが強く根付いていますが、海外では男性にとっても一般的な職業になっていると言えます。

男性で客室乗務員を目指したいと考える人は、外資系の会社に挑戦してみるのも、可能性が広がるかもしれません。

男性が採用されるポイント

男性の場合も、採用試験で見られるポイントは基本的に女性と同じです。身だしなみに関しては、髪型やヒゲ、シャツのしわ、ネクタイの結び方などに注意する必要があります。体力もあればあるほどプラスに判断されるでしょう。

また、職場は女性のほうが圧倒的に多くなるため、女性ときちんとコミュニケーションがとれるかという点も重視されます。