病棟クラークへの転職、未経験者の中途採用

転職者に人気の病棟クラーク

近年、通信教育や民間の専門学校では、「医療事務」や「医療秘書」「病棟クラーク」「医療クラーク」などの医療系の講座が人気を集めています。

こうした講座をめざす人の多くが女性で、

「出張や残業が少なくて室内で働ける事務職に就きたい」
「専門性の高い知識を身につけることで結婚や子育てで一度離職してもまた復帰できるようにしたい」

という理由からこの分野をめざすケースも多いようです。

すでに他の職業に就いている人が転職をめざすケースや、主婦が家事や育児の合間に勉強をして再就職をめざすことも珍しくありません。

医療事務や病棟クラークは、女性に人気の職業なのです。

転職に必要な準備とは

それでは、今まで医療や事務に携わってこなかった人が病棟クラークをめざす場合、どのような準備が必要でしょうか?

まず、一番オーソドックスな方法としては、通信教育や民間の専門学校で勉強し、何らかの医療系の資格を取得することです。

病棟クラークとして働く上では特別な資格や免許は必要ないのですが、やはり医療系の知識が必要とされる職場であることは間違いありません。

一般財団法人である日本医療教育財団が実施する

・医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)
・医師事務作業補助技能審査試験(ドクターズクラーク)
・医療秘書技能認定試験」「メディカル・フロント・コンシェルジュ技能試験

などに合格して、ある程度の知識を身につけていることを証明できるほうが就職には有利になるでしょう。

未経験者の注意点は

病棟クラークの転職をめざす上で、知っておいたほうがよいことがあります。

それは、未経験者が最初から正社員での採用をめざすのはハードルが高いということです。

この業界は非正規雇用が非常に多いことで知られており、待遇の良い正社員の求人には応募が殺到します。

たとえ資格をとったとしても、未経験の転職者がいきなり正社員に採用されるというのはハードルの高いことなので、入念に準備して採用試験を受けることが大切です。