病棟クラークの現状と将来性

知名度の低い現状

病棟クラークという職業は、まだまだ世間には広く認知されていない職業です。

医療関係の仕事の中でも「医師」や「看護師」「薬剤師」「医療事務」などの職業名は多くの人に知られていますが、「病棟クラーク」という職業名を聞いたときに仕事の内容や資格の有無について知っている人はそれほど多くはないでしょう。

このため、病院で働いている際にも患者さんから看護助手や医療事務と間違われて仕事を頼まれることもありますし、周囲の人に仕事のやりがいや大変さをわかってもらいにくいという現状はあるようです。

不安定な雇用環境

また、病棟クラークとして働くなかで多くの人たちが感じているのが雇用環境への不安や不満のようです。

病院という特殊な場所で一日中慌ただしく働く立場である病棟クラークですが、国家試験が必要な資格職というわけではありませんから、医師や看護師のような医療の専門職と比べると給料が圧倒的に低いという現実があります。

また、正社員として雇用されてどんどん昇給していくというような人はまれで、契約社員や派遣社員という不安定な雇用環境の人も少なくありません。

実際に、病棟クラークとして働いているのは圧倒的に独身女性や主婦などの女性が多く、妻子を養う立場にあるような年齢の男性が働くのは難しいという一面もあるのです。

状況改善への期待

このように、病棟クラークの置かれている環境を考えると、雇用を取り巻く環境や働き方に関してまだまだ改善が必要だということができるでしょう。

現在、医療の現場ではさまざまな改革が起きていますから、今後は病棟クラークの正社員が増えることや、仕事における権限が増えて給料にも反映されることなど、立場がより強固なものになっていく可能性はあります。

この職業に就く人たちが、誇りとやりがいを持って一生かけて追求していける仕事となることが期待されています。