病棟クラークに向いている人、適性

コミュニケーション能力が高い人

病棟クラークは、医療関係者や患者さんなどさまざまな人と接する職業です。

ときには医師の指示を患者さんに伝えなければいけなかったり、入院中の患者さんの不満を看護師に伝えなければいけなかったりすることもあります。

板挟みになることも多い立場ともいえるので、コミュニケーション能力が高い人に向いている仕事です。

病棟クラークには、それぞれの立場の人がどのようなことを望んでいるのかを素早く察する能力や、指示や相談を的確な表現で相手に伝えることができる能力が求められます。

気配りができる人

病棟クラークは、患者さんに対する細やかな気配りができることも大切です。

病院にはさまざまな病気やケガなど、事情を抱えた人たちがやってきます。

入院が初めてで緊張している子どももいれば、厳しい病状に悲観しているお年寄りもいますし、出産を控えて興奮している妊婦もいます。

病院という特殊な場所だけに、一般的な接客業以上に、相手の心情を慮ることが求められることがあるのです。

このような患者さんと顔を合わせたときに、それぞれの人たちの緊張や不安をほぐせるような対応ができる人のほうが、病棟クラークとして信頼されるでしょう。

事務仕事が得意な人

病棟クラークには、入退院する患者さんの名簿を管理したり、紹介状を準備したり、各種の伝票を整理したりする細やかな事務仕事がたくさんあります。

大きな病院ともなると患者さんの入れ替わりも激しくなりますが、このような中で入院する人や退院する人の名前や部屋割りを正確に把握しておかなければ、思わぬ医療ミスや患者さんの病院不信につながってしまうかもしれません。

とにかく目の前の仕事ひとつひとつを正確にこなしていくことが必要なのです。

「あ、忘れてた!」「間違っちゃった!」ではすまされないことばかりなので、事務仕事に自信がある人や几帳面な性格の人が実力を発揮できる場ともいえます。