病棟クラークの給料・年収

雇用環境によって大きな差

病棟クラークの給料や年収に関しては、雇用形態が正社員なのか、派遣社員か契約社員などの非正規雇用なのかによって大きく差が出てきます。

正社員の場合は月収が15万円~25万円ほどになるのが一般的ですが、派遣社員や契約社員の場合は月収15万円前後ということも多いようです。

年収にすると、150万円~300万円ほどになります。

また、パートやアルバイトの場合は時給が800円~1000円ほどになります。

一般的な事務職と比べて、それほど差がない金額といってもよいでしょう。

病棟クラークと聞くと「専門職だから給料が高いのではないか」と思う人もいるかもしれません。

しかし、病棟クラークは医師や看護師や薬剤師のように医療行為そのものに携わるわけではありませんし、ヘルパーのように介護そのものに関わるということでもないので、専門の資格や免許を必要としない職業です。

このような事情もあり、病棟クラークの給料に関してはそれほど高くはないというのが実情のようです。

病院によっては高給になることも

病院のスタッフの給料というのは、勤務している病院の規模や経営状態によっても差があります。

地方の小さな病院で入院患者数も少ないとスタッフの給料もそれほど高くありませんが、都会の大規模な病院でベッドの回転も速く常に満床状態というような人気の病院ではスタッフの給料も高給になる傾向があります。

また、産婦人科や救急救命科のように病棟によっては入院患者が夜訪れるということもあり、夜勤スタッフが必要となることもあります。

このような夜勤がある病棟クラークの場合は手当や残業代が多くつくので、月収の20万円以上をキープできたり、年収300万円以上を稼げたりすることもあるようです。

どのような病院にどのような雇用形態で勤務するかが、給料を大きく左右する非常に重要な要素となっています。