病棟クラークの求人・採用募集状況

採用数を増やす病院も

近年になって、病院で働くスタッフの仕事の細分化が進み、以前は聞いたことがなかったような職業が一般化してきました。

その代表格ともいえる「病棟クラーク」や「医療クラーク」「メディカルコンシェルジュ」などの採用は、少しずつ増えてきています。

今までは採用していなかったけれど新たに採用を始める、という病院もあるようです。

採用情報は病院のHPに掲載していることもありますし、ハローワークのような公的な機関の求人案内に掲載されていることもあります。

採用試験では志望動機や経歴を記載した書類の審査と、面接での審査があるのが一般的です。

医療事務などの資格保持者を優遇しているところもありますが、研修制度が充実しているような大きな病院では資格取得は入社後でも良いという方針にしているところもあります。

非正規雇用の多い業界

しかし、病棟クラークの採用のなかには、正社員だけではなく派遣社員や契約社員のような非正規雇用の採用も多くあるのが現状です。

時給制のアルバイトやパートでの雇用もあります。

また、医療系の人材を専門に派遣しているような民間企業もあり、医療事務や病棟クラークの希望者はこのような企業に登録しておいて仕事をあっせんしてもらうという選択肢もあります。

非正規雇用の場合、正社員に比べると残業が少なかったり休みを取りやすかったり退職しやすかったりする一方で、待遇や給料に関しては十分に保障されていないことも多いので、求人情報の内容をよくチェックしてから応募することが大切です。

欠員募集のための採用も

病棟クラークの雇用に関しては、病院によって違いはあるものの、大体は秋から冬にかけての時期に次年度の募集をしているようです。

ただし、欠員補充などで年度途中からの雇用になることもあります。

病棟クラークは女性がメインの職業なので、結婚や出産で退職する人も多く、こうしたケースの欠員補充の採用も多いのです。

希望する病院があるのであれば、こまめに求人情報をチェックするとよいでしょう。