病棟クラークの資格

特別な資格や免許は必要なし

現在、病院で働いているスタッフの多くが、何らかの資格や免許を取得しています。

医師であれば医師免許を持っていますし、看護師であれば看護師免許、薬剤師であれば薬剤師免許というように、国家試験に合格して免許を取得することで初めてその仕事に就ける職業ばかりです。

しかしながら、病棟クラークに関しては、このような特別な資格や免許というのは特に必要ありません。

病棟クラークは、事務や医療スタッフのサポートをするのが仕事であって、医療行為そのものには関わることがないので、特別な資格や免許が必要ないとされているようです。

ですから、病院の求人に応募して採用されれば、病棟クラークとして働くことができます。

多くの人にチャンスがある職業といっても良いでしょう。

就職で有利になる資格

病棟クラークとして働くうえで、役に立つ資格というのはあります。

たとえば、

・一般財団法人である日本医療教育財団が実施する「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」
・「医師事務作業補助技能審査試験(ドクターズクラーク)」
・「医療秘書技能認定試験」「メディカル・フロント・コンシェルジュ技能試験」

に合格することで、医療事務のノウハウを身につけていることを証明できます。

他にも、日本医療保険事務協会が実施する「診療報酬請求事務能力認定」も、病院で働く上では受けておいて損はないといわれている試験です。

資格があれば就職できるというわけではありませんが、こうした資格を取得することで就職先の幅が広がったり採用の際に有利になったりすることがあります。

仕事に役に立つ資格

また、医療系の知識以外では、パソコンのスキルがあったほうがよいこともあります。

病院によっては、病棟クラークに書類の制作や管理、ベッドネームの作成などを任せているので、WordやExcelの基礎を身につけておいたり、パソコンの資格を取得しておいたりすると役に立つこともあるでしょう。