病棟クラークになるには

資格や免許は必要なし

病棟クラークは、特定の国家資格や民間資格を取得していなければ就くことができない職業ではありません。

また、学歴や年齢制限もなく、病院の求人に応募して採用されることで誰もが病棟クラークとして働くことができるようになります。

看護師や准看護師のように「医療関係の学校を卒業していないといけない」「国家試験を受けなければいけない」ということがないので、多くの人にチャンスがある職業といってもよいでしょう。

ただし、入院患者さんのカルテ整理や医療器具の用意など専門的な仕事も多いので、「医療系の知識」や「事務系のスキル」を身につけた上でこの職業をめざす人が多いようです。

医療や事務の基礎知識が必要

それでは、具体的にはどのような道を通って病棟クラークになる人が多いのでしょうか。

一般的なのは、民間企業が開講している「医療事務講座」の通学や通信のコースに通い、医療事務の基礎的な知識を身につけるという選択です。

医療事務の講座ではレセプトと呼ばれる診療報酬の明細書の作成方法や健康保険の制度についてなど、さまざまなことを学ぶことができます。

また、カルテやレセプトを取り扱う際に役に立つパソコンのスキルを身につけることもできます。

こうした知識やスキルは病棟クラークの仕事においても必ず役に立つものなので、勉強しておけば就職の際に有利になるケースもあります。

医療や事務の基礎知識が必要

病棟クラークとして働くためには、病院の採用試験に合格することが必要です。

病棟クラークを募集するのは入院施設のあるような大きな病院なので、このような病院の求人情報を入念にチェックするとよいでしょう。

採用試験は経歴や志望動機などを記載した書類による選考と面接があるのが一般的です。

もうひとつ、病院そのものに就職するのではなくて、医療関係の派遣会社に登録するという選択肢もあります。

こうした派遣会社では医療事務や病棟クラークとして働ける人を募集しており、病院からの求めに応じて人材を派遣しています。

未経験者が正社員として採用されるのはなかなか難しいといわれているので、こうした方法で経験を積むのも一つの方法です。