病棟クラークのつらいこと、大変なこと、苦労

病院内で板挟みになることも

病棟クラークという職業は、病院内で働いている医師や看護師、医療事務などさまざまな立場の人の橋渡し役となっています。

そのことで感じられるやりがいや喜びはたくさんあるでしょう。

しかし、これは一歩間違えば、さまざまな立場の人の中で板挟みになる状況に陥ることもあるということです。

医師の指示通りに動いたら看護師に怒られた、看護師どうしの仲たがいに巻き込まれた、医療事務との連携がうまくいかずにストレスを感じる、など、人々に囲まれて働く職業ならではの苦労もたくさんあります。

また、病院を出入りする患者にもさまざまな人がいるので、ときには理不尽なクレームをつけられたり横柄な態度をとられたりすることもあります。

たくさんの人に出会う仕事なので、できるだけ周囲に振り回されることなく自分のペースを保つことが求められます。

同僚が少ない大変さ

さらに、病棟クラークは各病棟に数人ずつしかいないことが多く、病院の規模によっては病棟に一人きりということもありえます。

同僚となる立場の人がいないので、愚痴を吐き出すことができなかったり孤独を感じたりすることもあるようです。

また、現実的な問題として仕事を分担することができなかったり休みのシフトを組みにくかったりするため、休みたいときにも休むことができないという大変さもあります。

地道にコツコツ働く大切さ

病棟クラークが担当する仕事は事務的なものが多く、自分で何かを企画したり想像力やアイディアやセンスを発揮したりするような機会はあまりありません。

また、さまざまな立場の人から指示されることが多い職業でもあるので、「雑務を押し付けられている」と感じてしまうこともあるかもしれません。

このようなときにもマイナスにとらえずに、与えられた仕事を地道にコツコツこなしていく前向きな姿勢が求められる職業です。