病棟クラークの勤務時間、休日、残業

担当する病棟に合わせた勤務に

病棟クラークの職場は病院ですので、勤務時間はその病院の開業時間にあわせることになります。

ただし、病棟クラークの場合はナースステーションでの入院患者のサポートという仕事があるため、病棟の種類によってもスケジュールは異なります。

たとえば、ある程度計画的に入院患者の予定が決まっている眼科や耳鼻科に比べると、産婦人科や救急救命科は事前に入院計画を立てることができず24時間体制で患者の受け入れを行うことになります。

このような病棟を担当する病棟クラークの場合は、夜勤や土日の勤務があることもあります。

医師や看護師ほどではないにしても、ある程度流動的なスケジュールで勤務することも多いのが、病棟クラークなのです。

休日の取り方

病棟クラークの求人の多くは、週休1日か2日を基本としています。

担当している病院や病棟によっていつ休みをとれるかは異なります。

また、その病棟に病棟クラークが一人しかいない場合はシフトの融通がきかず休みにくいというケースもあるようです。

医療行為に携わる医師や看護師のように急な呼び出しがあるわけではないですが、土日必ず休めるような仕事のスタイルではないという病院も多いので、求人情報を見る際には確認しておいたほうがよいでしょう。

残業があることも

病棟クラークの残業に関しては、正社員か、派遣社員か、契約社員かなどの雇用状況によっても大きく変わってきます。

一般的にいうと、正社員のほうがさまざまな責務を背負うことが多いので、残業も多くなる傾向にあります。

また、勤務する病院の忙しさによっても残業量は異なりますが、患者数が多く入院や退院の入れ替わりが激しい病院ほど病棟クラークの仕事量は増えるようです。

残業があるのは大変な一方で残業代がたくさんついて給料が高くなることもあるので、あえて忙しい病棟の勤務を希望する病棟クラークもいます。