病棟クラークの1日

入退院のサポート

病棟クラークの職場は病院ですので、勤務している病院の開院時間に合わせて出勤します。

一般的な働き方としては、一日の流れはこのようになります。

8:00 出勤して院内用の制服に着替える
8:30 看護師や医師と朝の打ち合わせを行う
9:00 カルテを準備したり診療用の診療に使う器具を用意したりする
10:00 退院する患者の手続きをする
13:00 午前の診察時間の終了後、昼食休憩をとる
14:00 入院患者の手続きや病室への案内を行う
18:00 カルテの整理や明日の業務の確認などをして退勤

病棟クラークのメインの仕事として、入退院する患者のサポートがあります。

一般的には午前中のうちに退院する患者が多いので、病棟クラークも午前中は退院患者に必要な書類を渡したり貸していたものを返却してもらったりする手続きに追われることになります。

この波が落ち着いたら、今度は午後から入院する患者が訪れるので、入院のための手続きや病室への案内などを行います。

作業の合間に、医療関係者の指示にしたがって器具を用意したり、診察に訪れた患者への簡単な問診をしたりすることもあります。

ナースステーションで過ごす毎日

病棟クラークは、基本的に病棟のナースステーションで一日を過ごしています。

入院患者やその家族が質問に来たときに対応したり、医師や看護師に取り次いだりすることもあるので、持ち場を離れないことが大切です。

病院の診療時間は午前と午後の部に分かれていて、12:30から14:00くらいまでは休診になるので、この間に昼食休憩をとることになります。

入院施設があるような病院は規模が大きく、院内に食堂や売店があることも多いので、こうした施設を利用して休憩をとることもあります。

勤務時間は夕方までというのが一般的ですが、翌日の入院患者のカルテを整理したりベッドにつけるベッドネームのカードを作成したりするうちに残業になってしまうこともあります。

また、勤務する病棟によっては夜勤があることもあります。