病棟クラークになるための専門学校、通信講座

医療の知識を学ぶ努力を

病棟クラークとして働く上では特別な資格や免許は必要ありませんが、一般企業とは異なる「病院」という特殊な場で働くことになるため、医療に関する知識を身につけておくことが必要です。

もちろん、医師をめざす人が通う医学部や看護師をめざす人が通う看護学校に行くということではないのですが、医療事務や病棟クラークの仕事を学べるような民間の専門学校や通信講座で勉強する人が多くいます。

専門学校や通信講座で学べること

それでは、具体的にはどのような講座でどのようなことを学ぶのでしょうか。

専門学校の場合、学校によってコース名は違うものの「医療事務」「医療秘書」「病棟クラーク」「医療クラーク」などのコース名で講座を開講していることが多いようです。

診療報酬の請求の手順を学んだり、カルテの作成や管理方法を学んだり、健康保険制度や法律について学んだりして、病院で働ける即戦力をめざします。

通信講座の場合もさまざまなコースがありますが、「医療事務講座」や「メディカルドクタークラーク講座」などが人気を集めているようです。

専門学校と通信講座の違いですが、専門学校のほうが費用が高くて課題等も多いぶん、集中的に知識を学ぶことができます。

また、提携している病院に実習に行けるチャンスがあるというのも大きなメリットといえるでしょう。

一方で、通信講座の場合は自分の好きなときに勉強ができるので、転職をめざす人や再就職をめざす主婦にとってはいつでも勉強できることが何よりのメリットとなります。

就職先のあっせんも

このような専門学校や通信講座に通うことのもうひとつのメリットは、就職先を紹介してもらえる可能性があるということです。

専門学校を開講しているのが医療系の大手企業の場合は、卒業後に提携している病院を紹介してもらえることもあるので、学校選びには力を入れたほうがよいでしょう。