病棟クラークと看護助手の違い

仕事における違いとは

病棟クラークと似ている職業のひとつとして、看護助手があげられます。

看護助手とは、医療の現場で医師や看護師をサポートする役割をする人たちのことです。

看護師や准看護師とは違って看護の専門資格を持っていませんので、注射やケガの手当てなどの医療行為に携わることができません。

入院患者さんの食事の世話をしたり入浴の介助をしたり医療器具の洗浄や運搬をしたり…と、あくまでも医療関係者のサポートをするのが仕事となります。

この「医療関係者のサポートという点」は病棟クラークの立場とよく似ていますし、どちらも病棟の中のナースステーションを拠点に働くという点でも共通しています。

しかし、看護助手が患者さんの身体的なサポートに携わることがあるのに対し、病棟クラークは患者さんのカルテ整理や手続きのサポートをメインにするという大きな違いがあります。

看護助手のほうがより「看護職」あるいは「介護職」に近いのに対して、病棟クラークはより「事務職」に近いという理解をしておけば良いでしょう。

ただし、病院によっては、病棟クラークに患者さんの付き添いを頼んだり薬剤や医療器具の運搬を頼んだりすることはあるので、看護助手と似ている仕事を任されているケースはあるようです。

雇用環境における共通点

病棟クラークと看護助手では担当している仕事が違うということはお伝えしましたが、置かれている雇用環境という点では共通している部分もあります。

どちらも病院という特殊な場所で慌ただしく働いているものの、看護師のように国家資格が必要とされる職業ではないこともあり、一般的には給料は高いほうではありません。

また、正社員としての雇用が少なく、契約社員や派遣社員、パートなどの非正規雇用の立場で働いている人がとても多い業界だといわれています。

病棟クラークも看護助手も、これからの雇用環境の改善が望まれている職業です。