病棟クラークと医療事務の違い

ふたつの職業の違いとは

病棟クラークは医療関係者の仕事をサポートするために欠かせない大切な職業のひとつですが、同じように病院を陰から支えている職業として「医療事務」があります。

このふたつの職業には、どのような違いや共通点があるのでしょうか。

まず、大きな違いとしては、医療事務の職場は病院の会計窓口であるのがメインであることに対して、病棟クラークの職場は病棟のナースステーションであるということでしょう。

医療事務の場合は、患者さんから診察や薬の代金を受け取ったりレセプトと呼ばれる医療報酬の明細書を作成したりする役割を担っています。

病棟クラークの場合は、入院患者さんのカルテを整理したり退院の際の手続きをしたり、医師や看護師から頼まれた医療器具を用意したりする役割を担っています。

こうした仕事内容からもわかるように、医療事務のほうが一般的な事務職のイメージに近く、病棟クラークは医療現場における秘書やマネージャーのようなサポート業務も行うという大きな違いがあるようです。

医療事務の仕事

どちらも医療の勉強が必要

病棟クラークと医療事務は担当する仕事に違いがありますが、働いている人の経歴や保持している資格には似ている点も多くあります。

病院で働く以上は、やはり医療の制度の知識や診療報酬の知識を持っているほうが有利なのは間違いありません。

そこで、病棟クラークをめざす人も医療事務をめざす人も、まずは医療関係の講座を受けたり通信教育で勉強したりして「医療事務」や「医師事務アシスタント」など医療系の民間資格を取得していることが多いようです。

人によっては、どちらの職業でも働けるように勉強しておき、就職の際にどちらを選ぶか決めています。

なお、年収や待遇に関しては、どちらも一般的に「正社員の採用が少なく、派遣社員や契約社員などの非正規雇用が多い」「女性が圧倒的に多い」「収入は高いほうではない」といわれていて、この点でも共通しているという現状があります。