バイヤーへの転職、中途採用

経験者を中心とした採用になる

バイヤーの中途採用の求人は、そのほとんどが「経験者」を求めるものとなっています。

一般的に、バイヤー業務のほか、MD(マーチャンダイイング)、店舗運営管理、商品開発などの経験がある人を応募条件となっており、経験年数が問われる場合は「3年程度」が目安となるようです。

マーチャンダイザーの仕事

また、求人を出しているのがアパレル系の企業であればアパレル業界での経験が求められ、小売系の企業であれば同じく小売業界での経験が求められることが多くなっています。

こうしたことから、バイヤーは同業界内での転職が活発に行われていると考えられます。

未経験からもバイヤーになれる?

バイヤーや、それに関連する職種の経験がない人がバイヤーになりたいと思っても、現実はなかなか厳しいようです。

ただし、店舗での販売業務からスタートし、現場でブランドコンセプトを学んだり商品知識を身につけて、経験を積んだのちにバイヤーになれるキャリアパスが用意されている企業は少なくありません。

未経験からでもどうしてもバイヤーになりたい場合、少し時間はかかるかもしれませんが、その夢を実現させることも可能です。

また、なかにはバイヤーアシスタントからスタートし、しばらく経験を積んでバイヤーとしてデビューする人もいます。

バイヤーアシスタント時代には、先輩バイヤーにつき、バイヤーとしての商品知識や交渉力などをしっかりと身につけていくことができるでしょう。

転職時に歓迎されるスキル

バイヤーへの転職の際には、関連する業務経験のほか、基礎的なパソコンスキル(ExcelやWordを使いこなせるなど)を身につけておくと歓迎されやすいでしょう。

そのほか、海外との取引を行う企業では、語学力があると優遇されることがあります。

バイヤーは多くの人と接し、交渉をしながらビジネスを進めていくため、フットワークが軽く、臨機応変に動くことができ、コミュニケーション能力がすぐれている人は採用されやすい傾向にあるといわれます。