バイヤー松村 佳美さん

1985年生まれ。群馬県前橋市出身。2007年3月、立教大学社会学部卒業。同年4月、株式会社伊勢丹へ入社。スタイリスト(販売員)、アシスタントバイヤーとして経歴を重ね、2013年4月より婦人雑貨統括部のバイヤーとして活躍中。

HP:株式会社三越伊勢丹ホールディングス

海外では外国語を使って商談するのですか?

いえ、必ずしもそういうわけではありません。

現地にお取組先の日本人スタッフがいるケースもありますし、弊社の場合、パリオフィスとミラノオフィスを構えていますので、現地駐在のスタッフがアテンドしてくれています。

ただ、頻繁に出かけているので、簡単な日常会話くらいは使うようになりますね。

バイヤーの仕事の魅力、やりがいはどんなところにありますか?

自分たちで計画をしたこと、仕掛けたことの反応が、ダイレクトに見えるところです。

もちろん、すべてがうまくいくわけではなく、予測していたような反応が得られないこともあります。

それでも、弊社は若くてもどんどん挑戦していける社風なので、自分で考えて、形にしたことに対する反応を自分の眼で確かめられるというのは、大きなやりがいですね。

「売上」という数字に表れる部分はもちろんですが、お客さまからの小さなお声一つひとつを励みにしながら、お客さまにもっと感動を与えられるもの、満足いただけるものを提供できるよう頑張っています。

お仕事をするうえで大切にしていることはどんなことですか?

photo4

店頭のスタイリスト(販売員)や、他のスタッフとの連携をしっかりととることです。

とくに靴に関しては、正直履いていただかないとわからないところも大きいので、お客さまの感想をよく汲み取る必要があります。ですから、スタイリストとは普段から密に連携をとっています。

ちなみに、海外で買い付けをする際には、自分が「良いな」と思う靴を見つけたらその場で写真を撮り、LINEでスタイリストに送って率直な意見をもらうこともあります。

別の職種であっても、みんなお客さまのことを考えているのは共通です。一致団結して、良いお買い場を作っていこうという雰囲気を大事にしています。

松村さんの部署に、婦人靴のバイヤーは何人いらっしゃるのですか?

私が所属する「商品統括部」は、基幹店3店舗(伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店)を統括しており、6人のバイヤーが在籍。

そのうち、私は新宿店と銀座店で、3万円以上のラグジュアリーな価格帯の靴を担当しています。

ちなみに、伊勢丹新宿本店の婦人靴売り場で展開している商品は約8,000種、平場としては日本一の規模を誇ります。

各バイヤーの下にはアシスタントバイヤーが付き、私も3人のアシスタントバイヤーと一緒に働いています。

最近では女性のバイヤーも少しずつ増えているのですが、この部署のバイヤーは私以外男性です。

お休みの曜日は決まっているのですか?

私は木曜日と日曜日が固定でお休みです。

連休に関しては年次によって違うのですが、私の場合は半年間の中で2回、一週間の連休を取ることができます。ただ、元旦以外の年末年始などは休みになりません。

展示会がない時期など、自分の仕事のスケジュールに合わせて取得しています。

普段のお休みは友人と会って話したり、連休中は同期と旅行に出かけることが多いですね。

仕事ではヨーロッパばかり出かけているので、プレイベートはもっぱらハワイなどのリゾート中心です(笑)