バイヤーの1日

販促会議で戦略を

バイヤーの出勤時間は、店舗の開業時間に合わせて10時〜18時頃になるのが一般的です。

朝、出勤したらまずはメールをチェック。取引先から新商品のPRがメールでくることもありますし、店舗の売り上げに関する情報がメールでくることもあります。

バイヤーの仕事は常に最新の情報を掴むことが大切なので、こまめなメールチェックは欠かせません。気になる新商品があったらすぐに取引先に電話して確認したり、ネットで情報をリサーチしたりしています。

お客さんが比較的少ない午前中に行われるのが、売れ筋商品の情報を共有したり今後の戦略を練ったりする「販促会議(販売促進会議)」です。

店長やバイヤーだけでなく、ときには広報担当者や売り場の販売員も参加して、これからどんな商品をどうやって売り出していくか作戦を立てます。

バイヤーはここで新商品のプレゼンテーションを任せられることがあります。自分が売りたいと考えている商品に他の従業員にも共感してもらえるかどうかは、このプレゼンテーションの出来にかかっているとも言えます。

商談が大きな山場

打ち合わせが終わると、午後は大体、商談に出かけます。気になっている商品の生産元を訪問して品物を見せてもらいながら、どんなところが優れているのかを聞き出したり価格の交渉をしたりして、購入を検討するのです。

生産元が地方都市や海外にある場合は、買いつけのためだけに何日も何週間もかけることも珍しくありません。

昼食の休憩は12時頃に1時間ほどとるのが理想ではありますが、忙しい日にはほとんど休めないまま午後の商談に入ることもあります。

また、通常は18時頃に仕事を終えることができますが、季節の変わり目で大量に新商品を出さなければいけないときは、終電近くまで残業することもあるのです。

バイヤーのタイムスケジュール

10:00 出社、メールチェック
11:00 新商品の販売促進会議
12:00 昼食休憩
13:00 商品の買いつけのため外回りへ
14:00 生産者のもとで商談
17:00 帰社して店舗の売り上げ状況を確認
18:00 退社 (商品の準備に追われるときは残業も)