副業のバイヤー

個人バイヤーに挑戦する人が増えている

バイヤーというと、アパレル業界のショップや百貨店などに勤務し、国内外を飛び回って買い付けを行う専門職というイメージを抱く人も多いことでしょう。

しかし、近年は個人で商品を仕入れ、お金を稼ぐ、いわゆる「個人バイヤー」と呼ばれる人たちが増えているようです。

そして、個人バイヤーとして活動している人の多くは、その仕事を副業として行っています。

ここからは、副業でのバイヤーの働き方について紹介していきます。

個人輸入のバイヤーとは?

近年増えているのが、海外から個人輸入で洋服や雑貨などの商品を安く仕入れ、国内で高く売ることをビジネスとするバイヤーです。

いわゆる「転売ビジネス」といわれるものですが、最近では海外在住のバイヤーから世界中のブランド品を安く購入できる通販サイトも人気を集めており、今後もこうした形の個人バイヤーは増えていくものと思われます。

日本未上陸のブランド品を見つけ、仕入れることによって国内でも話題となれば、大きく稼ぐことも夢ではありません。

ただし、トレンドはつねに移り変わっていくため、旬を見極める力が必要です。

もちろん、価格のリサーチなどこまめな情報チェックも欠かせません。

どのような人が副業をするのか

個人輸入でバイヤーをするのであれば、どのような人でも働くことができます。

主婦がやっていることも多いですし、会社員が休日などを利用してお小遣い稼ぎをすることもあるようです。

ただし、副業でバイヤーに挑戦する人の数は増えているため、その分だけ競争も厳しくなっています。

稼いでいる人がいる一方、ほとんど稼げていない人、あるいは損をしてしまうような人もいます。

バイイングには多少の慣れや知識が必要になるため、赤字を出さないためにもきちんとやり方を学んでから踏み出してみるほうがよいでしょう。

個人でのバイイングの方法やノウハウは、インターネット上にも多数公開されています。