バイヤーの英語力

世界の人と仕事をするバイヤーも

バイヤーにとって、英語力は必須というわけではありません。

国内の商品を扱うだけであれば、商談をスムーズに進めていくための交渉力やコミュニケーション能力さえあれば、英語力はほとんど必要ないといってもよいでしょう。

しかし、バイヤーは国内のみならず、海外の国へ出向いて商談をすることもしばしばあります。

とくにインポートブランドを扱うショップであれば、「良いもの」を見つけるために世界のあらゆる国に出向くことになります。

当然、現地では日本語がほとんど通じないことが多いため、どうしても外国語の能力、とくにビジネスの場では英語力が求められてきます。

どれくらいの英語力が必要か

バイヤーになるために、絶対にこれくらいの英語力がなくてはならないというわけではありませんが、ビジネスを円滑に進めていくにはTOEICで最低でも750点~800点は必要とされています。

バイヤーに英語力を求める企業の求人では、応募資格として上記程度のTOEICのスコアや、外資系企業での勤務経験、ビジネス英語を使用しての勤務経験などが掲げられていることが多いです。

ただし、企業によっては、バイヤーが商談をする際には必ず通訳をつけることもあります。

その場合、バイヤー自身にそれほど高い英語力は求められず、たとえ英語力が足りていなくても、高い交渉力などを持っていればバイヤーとして活躍できる可能性はあるようです。

英語力があると有利

英語力がなくてもバイヤーになることは可能ですが、英語力を身につけておくと、バイヤーとしての活躍の幅が一気に広がることは確かです。

もし通訳をつけるとしても、自ら英語を話す相手の言っていることを実感し、相手の微妙な感情の動きまで理解できるようになれば、仕事を進めやすくなります。

バイヤーは人気のある仕事ですが、高い英語力を持っておくことでプラスに評価され、それで採用につながることもあるようです。

バイヤーとして世界を股に掛けた仕事がしたいと考えている場合は、できるだけ早いうちに英語力を高めておくとよいでしょう。