アシスタントのバイヤー

バイヤーになるための修業期間

バイヤーになるための道のりは、勤務先となる企業によって多少異なります。

一般的には、まず販売職を経験して現場でお客さまのニーズを理解し、その後アシスタントバイヤー、そしてバイヤーへとステップアップすることになります。

すべての企業においてアシスタントバイヤーのポジションが準備されているわけではありませんが、一人前のバイヤーになる前の修業期間として、アシスタント職を経験する人が多いようです。

ただ補助業務をするだけではない

アシスタントバイヤーは、「アシスタント」とはいっても、ただバイヤーの補助的な業務だけを担当するわけではありません。

バイヤーと同じように市場調査や新規取引先の開拓、交渉、仕入れ、在庫確保、売り場の調整など多岐にわたる業務をこなしますし、アシスタントバイヤーが主体となって進めていく案件もあります。

とくに若手が多く活躍する組織では、アシスタントバイヤーのうちに積極的に責任ある仕事を任せ、さまざまな経験を積みながら成長できる環境が整っているようです。

もちろん、ときにバイヤーのサポートに回ることもありますが、一連のバイヤー業務を経験しながら、一人前のバイヤーを目指していくのがアシスタントバイヤーです。

未経験からアシスタントバイヤーへ

バイヤーの求人内容は、その多くが経験者を求めるものとなっています。

そのため、すでに何らかの業種でバイヤー職を経験していた人が、別の企業へバイヤーとして転職をするケースが多くなっていますが、アシスタントバイヤーの募集については未経験者でもOKとするものもあります。

ただし、それでも販売職を何年か経験することは前提とする企業も少なくありません。

一人前のバイヤーになるまでには多少時間がかかりますが、アシスタントバイヤーとしてしっかりと下積みをすることで、バイヤーに必要な交渉力などの能力を高めていくことができます。