舞台俳優・劇団員の給料・年収

出演ごとに給料が支払われる

舞台に立つ役者や劇団員の給料は、「ギャラ」という呼び名で「1ステージにつき○○円」といったように設定されています。その金額は役者の知名度やステージ内容(規模)、そして観客動員数などでも変動します。

芸能事務所に所属している場合は、月に数万円ほど固定のお給料がもらえる場合もあります。しかし作品に出演した場合は、ギャラの何割かが事務所の取り分となります。

知名度が給料を決める

ギャラは劇団の規模や役者の知名度によって随分と異なりますが、ある程度の歴がある役者でも「1ステージ1万円」くらいのギャラが一般的なようです。

しかし超一流の有名な役者になれば、お客さんもたくさん呼べるため、1ステージで10〜50万円ほどのギャラがもらえることもあるようです。

稽古中は給料が出ない

役者や劇団員の給料はたいていステージごとのギャラ制であるため、ステージ以外の時間(稽古中)には給料が出ません。稽古が1ヵ月も続けばその間は収入がなくなってしまうため、アルバイトをして生活費を稼いでいる人はとても多いです。

役者や劇団員の仕事だけで生活できる人は、ほんの一握り。「稼ぐため」に演じるのではなく、「好きだから」続けている人がとても多いのが、この仕事の特徴だと言えるでしょう。