舞台俳優の練習、レッスン、トレーニング

学校や養成所で学ぶ

大学の演劇学科や演劇系の専門学校の場合、本格的な演技力・表現力といった実技の他に、理論や心構えなどを広く学ぶことができます。

舞台の基礎

動きや姿勢、歩く、話すといった基礎的なトレーニングを行います。

ミュージカルレッスン

お腹から声を出す腹式発声をもとに、セリフや歌、ダンス、さらには歌いながら踊り演技する技術を習得します。

殺陣レッスン

時代劇の舞台にも対応できるよう、殺陣や居合いを習得するとともに、武士の精神や着物の作法なども学びます。

ダンスレッスン

ジャズダンスを基本に、ミュージカルには欠かせないダンスの技術を磨きます。

タップダンスやヒップホップなどを取り入れる学校もあります。

独学で学ぶ

学校や養成所に通わず、独学で俳優の技術や能力を習得し、オーディションを受けて舞台俳優になりたい人におすすめの方法をご紹介します。

感性を磨く

小説を読んだり、舞台や映画を見たり、アートを鑑賞したりと、積極的に作品や芸術に触れることにより俳優に不可欠な感性が磨かれます。

人間観察をする

俳優はさまざまな役柄を演じ分ける必要があります。

自分がかかわったことのない職業や人格の役が回ってくることもあるため、日頃から人間観察を欠かさないことが大切。人のモノマネをしてみるのもいいでしょう。

想像力を鍛える

有名俳優の中には妄想癖がある人も多いもの。

テレビを見ている時なら「こんな時、自分だったらどうするだろう」、外を歩いている時なら「この壁の向こう側には何があるだろう」など、想像力を働かせてみましょう。

朗読する

新聞や雑誌、小説などの文章を、声を出して読んでみましょう。

説得力のある言い方、軽薄に感じられる言い方など、テーマを変えてみるのも効果的です。

鏡を見る

自分の顔や全身を鏡に写してじっくり観察することで、表情や立ち居ふるまいの癖が見えてきます。

普段はしない表情や歩き方などを試してみるのもおすすめです。