バスガイドのやりがい

人を笑顔にできる仕事

バスガイドの仕事は、毎日多くの人を楽しませて笑顔にすることができます。

自分の話に夢中で聞き入ってくれたり、楽しそうに笑ってくれたり、ツアーが終わったときに「今日はありがとう」と言われることも多く、そのような瞬間を味わえることが一番のやりがいです。

また、お客さまは子どもからお年寄りまでさまざま。日本人だけではなく、外国人の方を相手にすることもあります。日常生活ではなかなか出会えない人と身近で接することができるのも、この仕事のやりがいです。

いろいろな土地に行けること

仕事で全国各地、いろいろな土地に行けるのも、この仕事の大きなやりがいです。勤務時間中はお客さまのことが第一優先になりますが、休憩時間などには現地でその土地のおいしいものを食べたり、観光したりすることも可能です。

自分自身でその土地の魅力を味わうことで、ガイドの際にもよりイキイキとしたトークができるようになります。

体力を要する忙しい仕事ですが、観光や旅行が好きな人であれば、毎日の仕事そのものを全力で楽しめるのではないでしょうか。

成長が実感できる

バスガイドは観光地の情報など多くの知識を身に付けなければなりません。そのため、新人のうちはある一部の地域のガイドだけを行い、勉強と経験を重ねることで、他の地域のガイドもできるようになるというのが一般的なステップアップの流れです。

日々、自分の成長が目に見えて実感できるため、「もっと勉強を頑張ろう!」という気になれます。また、自分のガイドに対するお客さまからの反応がダイレクトに感じられる点も、バスガイドのやりがいと言えるでしょう。

仕事体験談