バスガイドの役割、添乗員との違い

観光地の案内をし、お客さまを楽しませる仕事

バスガイドは、観光バスや貸切バスなどに添乗し、お客さまの案内をする仕事です。

主に観光地や名所旧跡などの情報を提供したり、現地で案内を行うほか、車内サービスや下車誘導等、お客さまにバスツアーを楽しんでいただくための多様なサポートを行います。

貸切バスは、一般のお客さまが楽しむ観光ツアーばかりではなく、修学旅行や社員旅行、研修旅行、慰安旅行など、日々さまざまな目的で利用されています。

このようなさまざまな目的の旅行に対し、バスガイドは、バスの運転手と協力しながら安全かつ楽しい旅を演出し、お客さまの旅の思い出の1ページを彩っていきます。

添乗員との違いは?

バスガイドと近しい職業として、「添乗員(ツアーコンダクター)」という職業があります。

一般のお客さまからすると、添乗員もバスガイドも同じ仕事だと思われることも珍しくないようですが、実際に両者の役割は大きくことなります。

まず、添乗員は旅行の行程を管理する仕事です。

具体的には、観光地での滞在時間を決めたり、立寄り先の施設と連絡をとったり、ツアー中のトラブルで旅程の変更が必要になった場合に、その調整を行ったりします。

なお、一人で添乗業務を行うためには、「国内旅程管理主任者」や「総合旅程管理主任者」の資格が必要となります。

ツアーコンダクターの仕事

一方、バスガイドの主な役割はバスの車内あるいは観光地などでお客さまのガイドをすることであり、行程の管理は行いません。

バスガイドとして働くうえでは特別な資格が求めらないため、実際には、添乗員として働く人が、ガイドの役割を兼任していることもあるようです。

ただし、お客さまに喜んでいただけるガイドをするには、観光地の地理や歴史といった莫大な知識が求められますし、高いコミュニケーション能力やサービス精神なども求められます。

そのため、添乗員が付くツアーであっても、ガイドのプロフェッショナルとしてバスガイドが同行することもあります。

なお、バスガイドとして働いている人が、キャリアアップのために添乗員の資格を取得するケースもあるようです。

仕事体験談