バスガイドの仕事内容

バス旅行の案内役

バスガイドは、観光バスや貸切バスに乗車して、観光地にまつわる情報を提供したり、車窓から見える景色を案内しながら、お客さまを楽しませる仕事です。

また、車内サービスや下車誘導、お客さまの体調管理、ツアー時間の調整・管理などを行い、お客さまが安全かつ快適なツアーを楽しめるようさまざまなお世話をすることや、バスのバック誘導、車内点検など運転手をサポートする役割も担っています。

さまざまな場所に出かけ、さらに人を楽しませられる魅力的な仕事ですが、ツアーによっては早朝から夜遅くまで働いたり、泊りがけの勤務が入ったりするため、決して楽な仕事ではありません。

観光ツアー以外のガイドも

会社にもよりますが、一般の方が楽しむ観光ツアー以外に、学校の遠足や修学旅行、会社の社員旅行や研修旅行、スポーツクラブの移動、冠婚葬祭など、さまざまな目的で貸切バスを利用する方のガイド役を務めることもあります。

中には渋滞など予期せぬアクシデントに見舞われることもありますが、運転手とコミュニケーションをとりつつ、スムーズに目的地へ向かうことが求められます。

覚えることは山ほど

自社のバスツアーなどでは、おもに車内でガイドを行うバスガイドだけでなく、ツアーガイドの仕事を兼任することもあります。この添乗業務を行う場合は、「国内旅程管理主任者」や「総合旅程管理主任者」の資格取得が必要となります。

バスガイドは観光名所の解説以外にも、各地にまつわる歴史や名物、方言、ご当地ソングなど、幅広い知識を持っている必要があります。お客さまからリクエストや質問を受けることも多々あるため、日々の勉強が欠かせません。

仕事体験談