バスガイドの現状と将来性

バスガイドの現状

一昔前と比べると、全体的にバスガイドの数は減っているようです。現在は規制緩和によって観光バス・貸切バスへのバスガイドの乗務が必須でなくなっており、経費削減のために正社員のバスガイド採用を積極的に行わない会社も出てきています。

しかし、観光バス会社間の競争が激化する中、近年ではその流れを逆手にとり、あえてバスガイドをツアーに付けることでサービス向上に努める会社も登場しています。

自社で正社員を採用・教育し、個性あふれる質の高いガイドができることをウリにしているのです。

また、最近では派遣社員やアルバイト、フリーランスのバスガイドを採用する会社も増加し、自分のライフスタイルに合わせて多様な働き方ができるようになっているプラスの面もあります。

バスガイドの仕事は経験がモノを言うため、たとえば結婚などで一度仕事を辞めたとしても、以前の経験を活かしてまた復帰しやすいという特徴もあります。

必要とされるバスガイドとは

インターネットなどで観光地の情報を簡単に入手しやすくなっている現代だからこそ、バスガイドには机上の知識だけでない「個性」を発揮することが求められています。

ただマニュアル通りのセリフを話すのではなく、お客さまを楽しませるエンターテイナー的な素養とおもてなしの心を持った人材は、どのバス会社でも引く手あまたとなるでしょう。

とはいえ、実際には観光にまつわる膨大な知識も求められるため、日々向上心を持って勉強を続けることは必須です。

海外からの観光客も増加している中、外国語を使える人材も求められています。人と直に接する仕事だからこそ、一回一回のガイドをきちんとこなし、お客さまからの信頼を集めることが、明日の仕事につながっていくのです。

仕事体験談