バスガイド中村 香菜美さん

1987年9月20日生まれ。鹿児島県出身。高校卒業後、株式会社はとバスへ新卒入社。以来、バスガイド職として豊富な経験を積み、現在は後輩の指導にあたるトレーナーとしても活躍中。2015年3月現在、現職10年目。

座右の銘:十人十色

HP:株式会社はとバス

バスガイドを目指したきっかけを教えてください。

高校時代の修学旅行で、初めてバスガイドさんと一緒にバスの旅をしました。

その時の旅行は3泊4日。長野でスキー体験をしてから東京をバスで巡ったのですが、都心に入ると、ガイドさんが立ち並ぶビルの名前や概要をすべて説明してくれて、とてもビックリしたことを覚えています。

そのガイドさんは明るく、人気がある方でした。それまでも何となくバスガイドには興味を持っていたのですが、この時の経験をきっかけに、自分もバスガイドを目指したいなと本気で考えるようになりました。

それから、どのような流れではとバスへ入社されたのですか?

はとバスは、高校に届く求人情報を見て応募しました。

私は鹿児島県出身で、東京以外のバス会社の求人も多くありましたが、高校3年生の夏休みに従兄弟とはとバスに乗って、「この会社に入りたい!」という思いが強くなったんです。

翌月の9月に就職試験があり、面接と筆記試験を受けて合格。翌春、高校卒業後に入社しました。

入社試験はどのような内容でしたか?

試験の内容は、大きく分けて「筆記試験」と「面接」でした。筆記試験に関しては、主に歴史、地理、数学、一般常識が出題されました。

地理はバスガイドの仕事をするうえでも必要になるので、学校の勉強に加えて市販の就職試験対策向けの問題集を使い、力を入れて勉強しましたね。

入社後は、まず研修からスタートするのですよね。

photo2

はい、はとバスのバスガイドは、入社すると全員寮に入り、すぐに研修が始まります。

研修は「机上研修」「車上研修」に分かれており、最初の1週間程度は机上研修。

ここでは、お辞儀の仕方、発声練習、口の開き方、敬語の使い方、早口言葉などを学びます。

毎日宿題が出されて、分厚い教本の中から1日何ページ分も覚えなくてはなりません。

机上研修が終わると、次は3週間程度の車上研修がスタートします。こちらは、それまでに覚えた内容を実践で使えるようにする研修で、実際にバスに乗って東京の中心部を回りながら、教本は一切見ずに実際にガイドをします。

最終テストの日が決められているので、そこに合格することを目標に、みんなで研修を乗り越えていきます。

寮生活はいかがでしたか?

初めての寮生活でしたので、初めは少し緊張感がありました。社会人ではありながら、まだ高校生の気持ちも抜け切れていませんでしたしね(笑)

でも、入寮してから1ヵ月半程度で乗務が始まるので、とにかく勉強、勉強の日々。ホームシックになったり、悩む暇もないくらい忙しかったです。

私は高卒の同期と2人部屋でしたが、同期入社のメンバーには専門卒や短大卒のお姉さん方もいたので、人生の先輩としていろいろと教えてもらいながら、楽しく生活していました。

仕事体験談