バス運転手への転職、未経験採用

未経験の採用も活発に行われている

バス運転手として働くには、大型二種自動車運転免許が必要です。

すでにこの免許を取得している人は転職市場でも優遇されますし、バス会社によっては大型二種免許を持っていることを応募条件に掲げていることもあります。

技術が必要とされる仕事であることから、転職時にはバス運転の経験があるに越したことはありません。

一方、まったくの未経験であったり、大型二種免許を持っていなくても応募が可能となっている会社も少なくありません。

実際、大勢の未経験者が入社後に大型二種免許を取得し、バス運転手としてデビューしています。

というのも、バス業界は運転手の高齢化による人材不足が進んでおり、積極的に新しい人材を採用しようとする会社が増加傾向にあるからです。

熱意があれば、未経験からバス運転手になることは十分に可能だといえます。

ただし、大型免許がなくてOKという場合でも、普通自動車免許は必須とされることが多いため注意が必要です。

また、会社によっては年齢制限を設けています。35歳程度までとしているところもあれば、40歳以上でも応募できるところなどまちまちなので、その点もよく確認しておきましょう。

転職は慎重に

このように、バス運転手の求人は通年で出ていることが多いですが、仕事は決して楽なものとはいえません。

生活が不規則になりがちだったり、乗務中はかなり神経を使うためストレスも溜まりやすいです。責任の重さに見合った給料がもらえるとも限りません。

また、職人のような仕事であるバス運転手は、いわゆるオフィスでパソコンに向かって働くサラリーマンとはまったく異なる日常を送るため、向き不向きもあるといえます。

どれだけハードだと感じることがあっても、お客さまのために運転することにやりがいを感じられる人でなければ、バス運転手を続けていくのは難しいでしょう。

「カッコよさそうだから」「楽しそうだから」という安易な気持ちで転職すると、後悔することにもなりかねません。

転職は慎重に検討していったほうがよいでしょう。