バス運転手のつらいこと、大変なこと、苦労

ストレスが溜まりやすい

バス運転手になる人のほとんどは「運転が好き」と思っていますが、バスの運転は決して簡単にできるものではありません。

バスは家庭で一般的に使う乗用車とは違い大型の車両となるため、狭い道や細い道での行き違いの際は、かなりの集中力を要します。

また、坂道発進や停発車も簡単そうに見えるかもしれませんが、確かな技術がなければスムーズにはいきません。

ダイヤや安全運行も常に意識しなくてはならないため、神経をかなりすり減らす仕事です。

乗務中はほとんど気を抜く暇がないといっても過言ではなく、1日の仕事が終わるとグッタリする日もあるでしょう。

不規則な生活になることも

人々の「足」となるバスは、平日も土日祝日も関係なく運行しています。そのため、バス運転手も土日に出勤することはよくあり、休みは不規則になりがちです。

バス運転手になると、ゴールデンウィークや年末年始など世間が休みの際も自分は仕事という生活になりますし、連休を取るのも難しいことがあります。

さらに、勤めるバス会社にもよりますが、早朝勤務や夜勤も入ることもしばしばあります。

貸切バスの運転手として日帰りツアーを担当する場合でも、朝から夕方までスケジュールが組まれていることが多く、運転手は乗客を降ろした後に再び営業所へ戻るため、帰宅が遅くなりがちです。

勤務時間の長さや拘束時間の長さも、この仕事の大変なところといえるでしょう。

お客さまとのやりとり

バス運転手は、プロの運転手としての活躍に加え、プロの接客が求められる仕事です。

挨拶やアナウンスはもちろんのこと、運転をしながらも常にお客さまの様子を気遣っていなくてはなりませんからとても大変です。

いくらがんばっているつもりでも、ときには「接客態度が悪い」「渋滞で到着が遅れた」などの理由で、クレームを受けてしまうこともあります。

疲れているところで、車内にポイ捨てをしていくお客さまや、他のお客さまに対して迷惑をかけるお客さまと出会うと、イライラしてしまうこともあるかもしれません。